インフルエンザと風邪との違い

インフルエンザはインフルエンザウイルスによっておこる病気で、
A型B型C型がある。

 

全国的に流行して入院や死亡の原因になるのは、A型B型です。

 

A型には、A香港型とH1N1型
B型には、山形株とビクトリア株

 

合計4種類があります。
インフルエンザワクチンにもこの4種類が入っています。

 

インフルエンザの症状は

 

突然38度以上の高熱がでて、頭痛、腰痛、関節痛などの強い
全身的な症状が出ます。
鼻水や咳は遅れて出てきます。

 

高齢者は、インフルエンザにかかると肺炎を合併して入院や死亡の
原因となることがあります。

 

子供の場合は、40度前後の熱が出ることも多く,熱性けいれんを
おこすこともあります。

 

インフルエンザかなと思った時や、周りにインフルエンザにかかった人が
いる場合には、早めに医療機関に受診して、48時間以内に治療を
開始することが大事となります。

 

風邪との違いは

 

普通の風邪は、ライノウイルス、コロナウイルスなどのウイルスが原因です。
鼻水や咳が主な症状で、37度前後の微熱を伴う事もあります。

 

普通の風邪では、対処療法が中心となります。

 

インフルエンザでも普通の風邪でも、予防はこの三原則です。

 

                 情報源は、 菅谷憲夫先生の解説より     2017.12/16アップ

sponsored link

関連ページ

インフルエンザワクチンの効果
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします
インフルエンザ対策 今更確認
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします
インフル薬 異常行動にて施錠
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします