インフルエンザワクチンの効果

インフルエンザワクチン予防接種の効果について

 

今年は、インフルエンザワクチンが足りないと言われて焦りましたが、インフルエンザワクチンの
予防接種を毎年受けている人は、今年も受けられてほっとしているようです。

 

インフルエンザウイルスは変異するため、毎年受けることが必要です。

 

接種回数は

 

6ヶ月〜12才の子供は、2〜4週間の感覚で2回
中学生以上は1回です。

 

インフルエンザワクチン予防接種は11月中にするのが望ましいですが、12月中
でも有効です。

 

インフルエンザにかかると重症化する可能性のある高齢者や、小さな子供、
肺や心臓に慢性の病気がある人は受けてください。
又、受験生なども受けておいた方がよいです。

 

インフルエンザワクチン予防接種の効果について

 

インフルエンザワクチンは、効かないと感じている人も多いし思いますが、
インフルエンザワクチンは50%の発病防止効果があります。
インフルエンの重症化を抑える効果もあります。

 

インフルエンザワクチン接種で予防し、もしなってしまったら早期受診、早期治療を
してください。

 

     情報源 菅谷憲夫先生が解説より  201712/16アップ

sponsored link

関連ページ

インフルエンザと風邪との違い
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします
インフルエンザ対策 今更確認
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします
インフル薬 異常行動にて施錠
インフルエンザ情報の知って得する、知らなきゃ損する健康情報をお届けします